バナー

フロアコーティングのメリット

フローリングの床は掃除などの手入れがしやすく、ダニやカビによるアレルギー被害も軽減できること、インテリアを置きやすく室内をアレンジしやすいことなどから、便利な床材として人気です。
しかし、フローリングは木材であることから、水などの液体をこぼしたまま放置していたところがシミになってしまったり、ペットによって引っかき傷がついてしまうなどの問題も発生する場合があります。

床に汚れや傷がついてしまうことを防ぐためにワックスがけをしていても、定期的に塗り直さないといけないなどの手間がかかってしまいます。フロアコーティングは、床材の上に特殊なコーティング剤を施すことによって、床を汚れや傷から守る方法です。



フロアコーティングを施すことのメリットのひとつが、その耐久性です。
フロアコーティングは通常のワックスによるコーティングに比べて耐久年数が長く、一度加工を施すと数年から数十年の間、塗り直しを必要としないものがあります。


また、コーティング剤も様々な特徴をもったものを選ぶことができるため、住宅の抱えているそれぞれのトラブルに応じて、自分の床にあった加工を施すことができます。



たとえば、フローリングの床はデリケートな木材であるために、強い紫外線を長期にわたって浴び続けることで変色してしまうことがあります。
立地によっては紫外線の照射が避けられないこともあるため、このような場合は紫外線を防ぐ効果のあるフロアコーティング加工を施すのが良いでしょう。

また、小さな子供のいる家庭や施設などでは、床を滑りにくくする効果のあるコーティング加工を施すなど、様々な工夫で床を快適に守ることができます。